双極性障害を上手く治療し、楽しい生活を送るための方法

感情の変化

確認すること

双極性障害は気分が急に高くなったり、急に落ち込んでうつの状態になったりすることがある病気の一種です。また、この状態は人によって上がり下がりする期間がそれぞれ違うので、特に注意しておかなくてはいけません。重症の場合は自分を自殺に追い込む場合や他人を平気で傷つけてしまう恐れもあるので、注意が必要です。また、気分が高まっている状態では頭の回転が異常に良くなるので、仕事の効率が上がったり、何事に対しても絶対にできるという自信が付いていくのです。このような状態では病気だと判断しづらいのですが、はっきり観察してみるとどこか異常な状態になっていると気づくことができるでしょう。例えば、絶対に上手くいくといって、根拠も曖昧なのに、大金を投資することです。他にも他人からは想像できないような考えや発想を駆使して何かをやろうとしているときはただ調子が良いだけではなく、双極性障害を疑ってみるほうが良いでしょう。しかし、人ととんでもないような喧嘩をすることもあり、人生を大きく左右する出来事にハマってしまうこともあるでしょう。人によってはそこまで大きな変化が見られることがない場合もあります。この場合は軽度の双極性障害の可能性があるので、普段とは何かおかしいと感じたとき、注意深く観察してみると良いでしょう。このような感情の大きな差が現れていると双極性障害の可能性が高いと言えます。この病気は20代から30代に発症する人がほとんどなのですが、その他の年齢であっても発症することがあるので、気をつけておく必要があります。

双極性障害の治療とは

双極性障害という言葉を聞いて、理解でる人がどれだけいるでしょうか。現実的にはあまりいないでしょう。以前は主に躁鬱病と呼ばれていた病気です。うつという言葉が入りますので、うつ病と勘違いされることが多いのですが、全く違う病気と言っても過言ではありません。治療に関しては、薬物療法から、認知行動療法などを併せて行っていくことが多いです。費用的には自立支援の認可が下りていれば、該当病院については、1割負担で受診をする事が出来ます。自治体によって細かい差がありますので、確認が必要です。保険診療外の治療方法になりますと、どうしても実費負担になりますので、医療費にかかる負担は大きくなる傾向にあります。まずは、自分自身にあった治療方法を見つけることが第一歩です。

病気の特徴と向き合い方

双極性障害は、一型と二型という種類があります。どちらの場合も、共通して言えることは、躁鬱病ですので、躁の状態と、うつの状態が存在すると言うことです。双極性障害一型と双極性障害二型の違いは、躁の時の状態が重いものを一型、軽いものを二型と呼んでいます。何を基準に躁が重いとするかは、社会適応性や他社協調性が全くなくなってしまうほどのハイテンションを伴う躁は一型といえるでしょう。 一番問題な点は、双極性障害といっても、サイクルが安定していない様な人も非常に多く、うつの期間が長くて、たまに躁の状態になるような人は、うつ病として診断されていることが多く、回復するまでに時間を要する場合があります。正しい状態を把握するためには、主治医にだけ頼るのではなく、周囲の人が病気の人の状態や行動などを記録して伝えることが非常に重要になってきます。