双極性障害を上手く治療し、楽しい生活を送るための方法

気づくこと

気づくために

人はその日の気分によって左右されることもあります。それは双極性障害の人も同じことですが、気分の浮き沈みがとても激しいので、生きることすら諦めてしまう人がいるほどです。そこまで気分が下がる理由はこの病気以外にもありますが、一番浮き沈みの激しい病気と言えるのです。落ち込むだけではなく、時に感情的になりすぎて自分ではコントロール不可能となって暴走してしまうこともあるのです。それが、双極性障害であり、昔は躁鬱病と呼ばれていました。うつ病を発症する確率は男性で10分の1と言われており、女性なら5分の1の確率となのです。そのため、うつ病になる人は案外身近にたくさんいるのですが、双極性障害はこれらのうつ病とは違う病気なのです。双極性障害が発症する確率は100人に1人程度の割合なので、そこまで多くの人がかかる病気ではありませんが、低すぎる確率でもないので、しっかりこの病気と向き合っていくことが重要です。もちろん治療の方法もあり、自然に完治することもありますが、気をつけておかないといざというとき対処しきれなくなってしまうこともあります。また、自分では双極性障害と判断するのが、難しい場合もあります。そのような場合でも、病院ではしっかり判断するための方法があるので、少しでも気になることがあった場合はまず相談してみることが重要です。そうすることで、日常生活を楽しく過ごせるようになり、マイナスに作用することはないのです。

双極性障害の原因と症例について

躁の状態と、うつの状態を繰り返す症状の疾患を、双極性障害といいます。 別名で、躁うつ病とも呼ばれることがあります。 双極性障害の原因は、残念ながら解明されているとはいえませんが、色々な視点で考えるに複数のことが重なって起こっているのではないかとの見解があるのです。 現在では多くの事例から、半分以上の患者がうつ病から発症させていることもわかってきています。 双極性障害は、その症例の違いによっては、大きく二つに分けることができます。 躁状態があるものと、躁状態はなく軽躁状態があるものとになるのです。 躁状態とは、病的に気分が高まっている様子になります。 軽躁状態は、躁を四日以上続け周囲の人間も異常は感じるが、仕事や人間関係に支障をきたすほどではないといった基準になっています。

正しい治療をしないと危険な疾患

双極性障害は、うつ病に比べても自殺率が高い疾患なので、正しい治療を行っていかないと危険です。 躁状態の時にした色々な自分の失態などを、うつ状態の時に思い返した結果自身を厳しく責めます。 自身を激しく責めた結果が、自己破壊につながってしまうのです。 躁状態の時には、通常では考えられない行動をとってしまい、職場や友人ともトラブルを起こしかねません。 双極性障害の治療は、薬物と心理療法が基本の柱となります。 薬物療法の中心となるのは、気分安定薬というもので躁状態とうつ状態の波を抑えて安定させてくれます。 再発防止といった観点からも、重要視される薬です。 心理療法では、心理教育、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法など様々な方法があります。 どちらの両方も重要ですが、主軸となるのは、患者本人の治そうとする意志と周囲の理解と強力になります。