双極性障害を上手く治療し、楽しい生活を送るための方法

  • 感情の変化

    人間の感情が変化するのは当たり前のことですが、双極性障害の場合はこの変化がとてもはっきりわかります。1人で落ち込んでいる場合もあれば、苛立ちながら人に迷惑をかけてしまうこともあるので、注意しなくてはいけません。

  • 気づくこと

    双極性障害は他の病気とはっきり違う点がいくつかあります。しかし、人によっては軽度の場合もあるので、普段接している場合でもなかなか気づきにくいこともあるのです。そこでどんな点に注意すると良いか紹介します。

  • 症状について

    双極性障害の症状は人によって変化することもあります。これらの症状を全て覚えておくことは難しいので、代表的なものを数個覚えておきましょう。そうすることで、病気に対抗できるようになるのです。

どんなものなのか

特長を知ること

双極性障害は人によってそれぞれ異なる症状が出る場合があります。その中でも特に有名な特長が感情の変化です。一般的な人と比べ双極性障害の人は特に感情の変化が激しいのです。これと似た状態になる病気は双極性障害以外にもたくさんあります。精神障害はその1つでありますが、双極性障害ほど感情の波は大きくないと言えるのです。双極性障害の感情の差は一般的な人と比較すると考えられないほど、やさしくなっているときや、楽しくなっているとき、逆にとても落ち込んでいるとき、怒っているとき、興奮状態が上がっているときとテンションの差が激しいのです。次に躁鬱病の特長として有名なのが、しっかり治療して、正常な状態に戻ったときは後遺症などが全く残らないことが多いのです。つまり、躁鬱病になったとしてもしっかり対処しておけば安心して改善していくことができ、その後の生活も問題ない場合がほとんどなのです。だからといって油断できる病気ではないので、しっかり医師と話し合い、解決していく対策を立てる必要があります。人によっては自然に双極性障害が改善されて完治することもあります。その期間は人によってばらつきはあります。また、うつの状態が長く続いていると他の病気が混ざっている可能性があります。その病気とは生活習慣病やストレスが原因となっていることもあるので、病院でしっかり検査しておく必要があります。このように、双極性障害の特長を知っておくと他の病気と差別化することができるようになります。

双極性障害の症状について。

私が現在双極性障害を患っていて心療内科の病人に通院して診てもらっています。この双極性障害の症状についてお話します。まず双極性障害は最近この病名が使われるようになりましたが、以前は双極性障害のことを躁鬱病と言っていました。躁鬱病と同じ症状で気分が落ち込んだり気分が高ぶったりすることで、うつ病とは違い気分の浮き沈みが激しいので、落ち込んだ時は家から外に一歩も出たくなくり、もちろん人とも会いたく無くなってしまいます。私も気分が高ぶることはあまりありませんが、気分が落ち込んだ時は家で寝たきりになってしまい、外に出たくなくなり人とも会いたく無くなることもあります。この浮き沈みは本人しかわからない苦痛と恐怖であります。

病気のきっかけや治療について。

私はこの双極性障害になって今年で10年になりますが、いまだに気分の浮き沈みがあり毎日辛い日々を送っています。私がこの双極性障害になった原因は仕事でのストレスからであります。それまで約15年間ひたすら真面目に仕事に取り組んだ結果、身体が付いて行けずこの双極性障害になってしまいました。そしてこの双極性障害は精神的な病気でありますので、他人からはなかなか理解してもらえない病気であるところが私本人として一番辛いところであります。見た目には普通に見られしまいますので、精神的な悩みなど無いと思われてしまいます。私は現在心療内科で精神安定剤や抗鬱剤や睡眠導入剤による処方と、認知行動療法などのカウンセリングも併用して行っています。